今日も元気に真人間

好き: 中日 、アニソン 、中本 、IT 、乃木坂46(乃木坂って、どこ?、乃木坂工事中)

乃木どこ/乃木中 お気に入り回 Aランク編

今回はAランク。Bランクの安定感そのままに、もう一回り面白い回。


A:最初から最後までずっと面白い、自信を持って薦められる回
B:終始安定して面白い
C:平均的に面白い or 面白さに強烈なピークがある
※選抜発表除く、推しどこ未公開部分非考慮
※同一ランク内は上の方が高評価

 

A:最初から最後までずっと面白い、自信を持って薦められる回
乃木中 #51 :齋藤飛鳥・独り立ち計画 初めての○○
乃木中 #2 :狩野英孝のリアクション塾
乃木中 #14 :堀未央奈のゾンビどっきりマル秘報告
乃木中 #63 :新センター齋藤飛鳥の不安を解消してあげよう
乃木中 #16 :ノギフェッショナル 新内の流儀
乃木どこ#108:乃木坂46生態調査
乃木中 #115:新センター大園・与田のことをもっと知ってバックアップしてあげよう
乃木どこ#130:秋元真夏腹黒い裁判

 

 

・乃木中 #51 :齋藤飛鳥・独り立ち計画 初めての○○
飛鳥ができないことをメンバーからのタレコミで明らかにしていき、いくつかに初挑戦する回。
次から次へとアレなエピソードが出てくる上に、実践していく姿が微笑ましい。星野でさえ「やばい……」と漏らす始末。
缶切りのくだりでは堀の反応や石器時代生田やいい顔の松村がよい。乃木坂チンパンジー
なぜか飛鳥回によく出てくる大江戸よし々。絶望的な火力はもはや伝説。


・乃木中 #2  :狩野英孝のリアクション塾
秋元が狩野英孝に弟子入りして、リアクションについて学ぶ回。
安定の秋元クオリティで、次々に身体を張っていく。狩野のちょっとズレた感じもほどよくかみ合ってテンポよく進んでいく感じがいい。
スタジオに戻ってのトークも面白さは落ちず、掘り下げパートまで、気付いたら終わっていたと言える回。


・乃木中 #14 :堀未央奈のゾンビどっきりマル秘報告
堀がゾンビメイクをして、メンバーにドッキリを仕掛ける回。
メイク直後のインタビューや、ちょいちょい挟まる堀ゾンビの日常など、堀独特の空気感がそのまま体現されていると言える回。
スタジオでは突発お絵かき会が開催され、お絵かき回にハズレなしの格言(?)通りの安定感を見せる。
最後の掘り下げパートまで、良くも悪くも堀ワールド全開の回であった。

・乃木中 #63 :新センター齋藤飛鳥の不安を解消してあげよう
15thシングルで初めてセンターとなった飛鳥が悩みを相談する回。
飛鳥独特の脱力感全開でトークが進んでいき、中盤からのMステ、CDTV、突発曲紹介と勢いが落ちることなく終わる回。
飛鳥回と見せかけて西野回なアレ、だそうですよ。

glory-hm.hatenablog.com

・乃木中 #16 :ノギフェッショナル 新内の流儀
新内のOL生活に密着する回。
見た目は完全にプロフェッショナルでカッコいい感じなのに、冷静に中身を見ると最初から最後までクソしょーもないというギャップが最高。終盤の怖い話パートも星野→白石→橋本→堀→トンボの流れでどんどん加速して終わる。

 

・乃木どこ#108:乃木坂46生態調査
7thシングルで初めて選抜入りしたセンター堀に、1期生の楽屋での姿を見せて仲良くなるきっかけを教えてあげようという回。
ハフーンをやってしまった白石、楽屋でカンチョー生駒、バカ話全開の高山、食べまくる松村と、イメージ通りの姿も意外な姿もたくさん見られる。

 

・乃木中 #115:新センター大園・与田のことをもっと知ってバックアップしてあげよう
18thシングルで初めて選抜入りしたWセンター大園与田について、メンバーや母親からタレコミを集めてどんな子なのかを知ろうという回。
無茶苦茶なエピソードが続々と出てくる与田と大園。意外と3期生がちゃんとしゃべれているなという印象。恒例(?)のヒムステも持ち味全開で、「もっと知って」の部分は確実に達成されたと言える回だろう。

 

・乃木どこ#130:秋元真夏腹黒い裁判
釣り師と呼ばれながらも実は全て計算でやっているのではないかという疑惑が上がっている秋元に対してメンバーが糾弾する回。
ノリノリの秋元に、言いたい放題の生駒松村、そして言わずと知れた黒石さん。
今や外番組でも定番となった、秋元をイジる団体芸の先駆けとなった回と言えるだろう。

 

 

f:id:glory_hm:20180912202644j:plain