今日も元気に真人間

好き: 中日 、アニソン 、中本 、IT 、乃木坂46(乃木坂って、どこ?、乃木坂工事中)

2018中日ドラゴンズ 対戦相手別よかった試合&クソ試合

自分の体感だと東京ドームと神宮で特にひどい目に遭っている気がしたので、対戦相手別によかった試合とクソだった試合を振り返る。(クソ試合は、結果だけ見れば勝った試合でも途中経過がクソなものも含む。)

 

 
■広島
○よかった試合
・5/27@マツダ 8-7

npb.jp

今年を象徴するかのような、打線爆発での逆転勝利。
最後の最後田島が抑えるまで、寿命が相当縮まった記憶がある。今年の田島は悪いながらもこれくらいの時期までは耐えていた(セーブシチュエーションでの失敗はなし)のだが、これ以降堪え切れず崩壊する。


・9/7@ナゴヤ 0-3

npb.jp

笠原初完封。シーズン中盤から笠原はずっと試合を作っており、ガルシアに次いで今シーズンよく頑張った先発であると言える。

 


○クソ試合
・4/20@ナゴヤ 7-11

npb.jp

勝ちはしたが、例によって小笠原を引っ張って手遅れになってから交代するパターン。この広島3連戦はモヤが意味不明なレベルの爆発ぶりで無事3連勝できたのだが、この試合はお粗末すぎた。


・5/26@マツダ 7-6

npb.jp

お互いのリリーフがボロボロで、エラーも多く締まらない試合。
ガルシアの白星のペースが異常。

 

 

■ヤクルト
○よかった試合
・4/10@ナゴヤ 0-3

npb.jp

柳と原がともに完投し、結果柳の初完封。このカードは内弁慶になりがち。

 


○クソ試合
・6/28@神宮 6-9

npb.jp

清々しいまでの倒壊ぶり。「5x」とかいう首を傾げたくなるようなスコアボード。


・7/21@神宮 5-7

npb.jp

もはやこれくらいでは驚かなくなってきた神宮の逆転サヨナラ負けシリーズ。


・8/11@ナゴヤ 8-7

npb.jp

ゴヤでもダメなのか……という試合。


・9/4@神宮 9-12

npb.jp

今シーズンワーストと言ってよいであろう試合。さすがの中日ファンも「6点リードしとけば大丈夫やろ」と思っていたのではなかろうか。
ブルペン陣の中では相対的にマシであった佐藤をなぜか8回にあっさりムダ使いし、防波堤がいなくなった状態での9回ドタバタ継投はもはや芸術的。田島を代えるのが遅い、祖父江福谷が役に立っていない、又吉が当然の失点と、あまりにも無残な結末。

 

 

■巨人
○よかった試合
・7/28@東京 4-0

npb.jp小笠原の初完封。前日に山口ノーノーを食らっていただけに、悪い流れを払拭する試合となった。

 


○クソ試合
・8/3@ナゴヤ 3-4

npb.jp

勝ちはしたが、明らかにこの日のヒーローは澤村。


・8/19@東京 5-6

npb.jp

今シーズンワースト1,2を争うひどい試合。どうしてこうなった。
たまたまこの日は中日ファンの友人と一緒にいたのだが、「八百長だろこんなもん!」と二人してキレていた覚えがある。

 

 

■横浜
○よかった試合
・4/30@ナゴヤ 1-3

npb.jp

松坂初勝利。宮崎への押し出し四球は当時しつこいくらい話題となった。前日にプロ初失点を喫した鈴木もリベンジのホールド。

 


○クソ試合
・4/13@横浜 5-6

npb.jp

珍しく小笠原をスパッと6回で代えたかと思いきや又吉炎上。これくらいの時期になると今年の又吉のダメさ加減が分かってきているはずなのだが、それに対する備えがまるでなく、炎上するシーンをただ眺めているしかしていないベンチに腹を立てた覚えがある。


・8/14@ナゴヤ 6-5

npb.jp

抑え不在の中苦肉の策のマルティネスだったが当然のように機能せず。尻ぬぐいで出てきた岩瀬がとどめを刺されているというのも救いがない。

 

 

阪神
○よかった試合
・4/6@京セラ 3-2

npb.jp

かの有名な申告スクイズの試合。とはいえ、実際のプレーを見てみると田島と松井雅の守備がかなりよかったということもあり、際どい結果であったと言える。

 


○クソ試合
・4/8@京セラ 9-7

npb.jp

勝ったからいいようなものの、笠原のシーズン初勝利が無残にも消滅した試合。手遅れになってから交代する継投に定評があったのだが、この試合は手遅れになってもなお交代しなかった。9回に田島が2四死球で失点しているあたりも締まらない。
この日のアルモンテ、5打数4安打4打点って何事。


・10/13@ナゴヤ 3-2

npb.jp

最高の試合になるはずが、最悪の試合になってしまったシーズン最終戦

 

 

交流戦
○よかった試合
・6/7@ナゴヤ 8-9(ロッテ)

npb.jp

正直誰もが期待していなかった武山の起死回生同点2点タイムリーからの相手エラーでサヨナラ勝ち。
鈴木の神通力が徐々に切れ始めている。


・6/17@メットライフ 11-3(西武)

npb.jp

ご存知松坂登板回避試合。これまでむちゃくちゃな使われ方をされ続けていた藤嶋が緊急先発し初勝利。藤嶋は交流戦最後のこの試合で初めて先発したにもかかわらず交流戦規定投球回に達しているということからも、異常事態ぶりが分かる。

 


○クソ試合
・5/29@ナゴヤ 8-5(オリックス

npb.jp

継投に文句を言い続けているここ数年だが、その中でも群を抜いて継投が下手くそすぎて呆れた試合。「勝てる試合を采配で落とした」とかいう事態はなんだかんだそんなに起こらないものだとは思っているのだが、この試合は文句なしでそれに該当するだろう。


・6/15@メットライフ 2-3(西武)

npb.jp

笠原は被害者シリーズ。

 

 

 

東京ドームは8/19のイメージが強すぎたのか、思ったほどひどくはなかった。とはいえ対巨人戦は8-16でセリーグ最悪の結果なので、その印象もあったのだろうか。
一方、神宮は案の定だった。

 

f:id:glory_hm:20181223142725p:plain